>見積りの前に必ずプランの打合せを
工場内を見学してもらった後は、プラン(図面)作成に移ります。打合せの段階で、まだプランを作成していないにも関わらず「(坪単価から)いくらかかるの?」と聞かれることがありますが、その回答はあくまでも経験上の金額です。

これまでの打合せを振り返り、要望がきちんと反映されているか、適正規模であるかを確認した方が良いです。打合せは貴社と建設会社の頭の中のイメージで行われるので、具現化された図面を確認しなければ見積り金額を正しく査定できません。

>出てきたプランのここをチェック
ごく稀にヒアリングと現状の図面提出のみで、工場内の見学をしないままプランを提出する建設会社があります。ここには落とし穴があります。規模、スペックともにすばらしくとも、コストが合わなければ計画の縮小や見直しが必要となり、結果的に適正規模の提案に時間がかかってしまいます。また、担当者とのヒアリングでは見えてこない現場での問題点は、やはり現場を見ることでしか気がつきません。プロジェクトのスピード、コストを考えるのであれば工場見学は必要工程であると言えます。

TOP FACTORY 事例

藤沢工業(岐阜)

1964年、岐阜市日野で創業者藤沢時男が車両部品の溶接加工業として始めた藤沢工業。1970年には株式会社として設立。現在ではオフィス家具を中心とした数多くの製品を開発・製造。オフィス家具のブランド「T...

シンコーメタリコン(滋賀)

1933年京都で創業。金属やセラミックをコーティングする魔法の技術「溶射」を取り扱っています。人工骨(セラミック)から航空機のエンジンタービンブレード、鉄橋、ロケットのジェット噴射ノズルとミクロからマ...

ユタカ電業(山口)

1976年山口県下関市設立。鉄道の設備メーカーとして日本全国の沿線で活躍。設備や機器、配線を守るための金具、金属ガード、配線盤などを設計・開発。ものづくりを通じて鉄道の安定した運営、国民の生活基盤や日...

末吉ネームプレート製作所(神奈川)

1923年(大正12年)の創業以来「企業の顔であるネームプレートを通じて社会に豊かさと快適性と安全性を提供する」という企業理念をもとにネームプレートの総合メーカーとして歩んできた末吉ネームプレート製作...