>操業すれば必ず不具合はでる
工場引渡し後、試運転を経て本格稼働となります。試運転時でも指摘事項は発生しますが、本格稼働時にも設計時や工事期間中には想定できなかったような不具合が発生する可能性はあります。稼働開始後は早期対応しなければなりませんが、対応力を考えるならば地元建設会社が安心です。地元の電気・設備業者との関係性が強く、予期せぬ事態への対応スピードは早いので間違いなく貴社にとって安心感につながります。

>工場のアフターメンテナンス
工場は建設して終わりではなく、建設後がスタートです。建設物は投資であり10年、20年、30年と経年劣化メンテナンスや生産品変更に伴う改修や補修が出てきます。その際に頼るべきは工場建設を担った建設会社です。担当した建設会社が貴社の工場を一番理解しているので、アフターメンテナンスの対応力は地元建設会社がベストと言えるでしょう。

工場建設は建築コストやネームバリューだけで選ぶべきではなく、完成後のメンテナンスまでもトータルで任せられる建設会社のパートナー選びが重要です。