>見積りの前に必ずプランの打合せを
工場内を見学してもらった後は、プラン(図面)作成に移ります。打合せの段階で、まだプランを作成していないにも関わらず「(坪単価から)いくらかかるの?」と聞かれることがありますが、その回答はあくまでも経験上の金額です。

これまでの打合せを振り返り、要望がきちんと反映されているか、適正規模であるかを確認した方が良いです。打合せは貴社と建設会社の頭の中のイメージで行われるので、具現化された図面を確認しなければ見積り金額を正しく査定できません。

>出てきたプランのここをチェック
ごく稀にヒアリングと現状の図面提出のみで、工場内の見学をしないままプランを提出する建設会社があります。ここには落とし穴があります。規模、スペックともにすばらしくとも、コストが合わなければ計画の縮小や見直しが必要となり、結果的に適正規模の提案に時間がかかってしまいます。また、担当者とのヒアリングでは見えてこない現場での問題点は、やはり現場を見ることでしか気がつきません。プロジェクトのスピード、コストを考えるのであれば工場見学は必要工程であると言えます。