【プランに影響するポイントが工場内にはたくさん】

>大敵「カビ」を未然に防ぐには
前回のブログ(こちらのページ)でも記載しましたが、適正なプラン作成のためには建設会社による「作業工程」や「CCP(重要管理点)」を理解するためじっくりと工場見学をすることが必要です。見学の際に工場内での実作業も一緒に見ることで、図面からは読み取れない要注意箇所が明らかになってきます。

>入荷から出荷の動線を建設会社と必ず一緒に見よう
製造するということは、原料の入荷→加工→製品化→出荷という流れになります。この工程において人・物・水・空気が交差汚染を起こさないようにプランニングする必要があります。建設会社と一緒に工場内をまわり、各工程での注意点や現状の作業動線とその問題点、新工場での希望を伝えましょう。施主であるあなたと建設会社。同じものを一緒に見て、共通認識のもとにプロジェクトを進行していくとよいでしょう。